鼻の横の黒いブツブツを治す方法|負担ナシで簡単ケア

      2016/10/18

怒る女性

「もうイヤだ!何このどす黒いブツブツ!!」

見てて腹が立ちますよね?

原因が分からず思い当たることもないのに、どんどん鼻の横に広がっていくどす黒いブツブツ。実はこれ、「角栓」と呼ばれる脂の塊が原因なんです。

鼻の横に白くニュルニュルしたものを見たことはありませんか?

この白いニュルニュルが角栓で、見て見ぬフリをしているとだんだん茶色くなっていき、最後にはどす黒くなります。これを長いこと放置することで、鼻の横がどす黒いブツブツで埋め尽くされてしまいます。

 

鼻の横のブツブツの原因は分かったけど、どうしたら綺麗にできるの?

角栓ができにくい肌に変えてやる必要があります。

もしかするとあなたは、自ら角栓ができやすい肌にしているかもしれません。

「顔が脂っぽいから」

「肌をいつも綺麗な状態にしたいから」

という理由で、一日に何回も洗顔をしていませんか?思い当たることがあれば、角栓ができやすい肌を自分で作っていた可能性があります。

皮脂は乾燥した肌を守ろうという体の防衛反応。取れば取るほど肌に潤いを与えようと皮脂を分泌します。

あなたに1つお聞きしたいことがあります。

洗顔をして、皮脂はおさまったでしょうか?

「一瞬とまったけど、また出てきた」

「顔の脂は無くなったけど、ひどく乾燥している」

「数十分後、さっきよりさらに脂っぽくなった」

こんな結果が待ち受けていませんでしたか?ほとんどの場合が、逆効果になったと思います。

また、洗いすぎは乾燥を招くだけでなく、ターンオーバーを乱すこともありまあす。

鼻の横にできるどす黒いブツブツは角栓が原因だと聞いて、

「よし、鼻を集中的に洗顔するぞ!」

と思うかもしれませんが、それはオススメできません。

仮に角栓が大量に取れたとしても、それは無理矢理はがしたにすぎません。角栓の根元にはまだ成長途中の角質(肌を外部の刺激から守ってくれる存在)が眠っていて、強引にはがすと大慌てで新しい角質を作ろうとします。これを繰り返すと弱々しい角質が集まり、毛穴がシュッとしまらずだらしなくなり、皮脂がこびりつきやすく角栓ができやすくなります。

洗顔のしすぎは乾燥を招き、だらしない毛穴を作りどんどん角栓を生んでしまうことに。

鼻を綺麗にしたいという気持ちは分かりますが、正しいケアを行うことが大切です。

もし肌に負担をかけず乾燥もしない方法があるとしたら、あなたは試したいですか?

「どうしたら、あなたみたいな美しい鼻になれるの?」

と友人に次々に質問されるような、ツルツルで綺麗な鼻を簡単に手に入れたいですか?

続きを読む!

 - 黒ずみ